Shinko 神港テクノス株式会社
取扱製品 サポート・ダウンロード 会社概要 通信販売 お問い合わせ
English
指示調節計・温度調節計・プログラムコントローラ デジタル指示計 通信変換器 記録計 携帯形指示計 センサ・検出端 SSR・電力調整器
HOME
取扱製品
温度制御関連・周辺機器
指示調節計・温度調節計
プログラムコントローラ
デジタル指示計
通信変換器
記録計
携帯形指示計
センサ・検出端
SSR・電力調整器
信号変換器
水質管理製品
総合環境制御システム
 
CEマーキング適合品
UL取得製品
生産終了製品
制御用語辞典
ご承諾事項
ご利用条件
個人情報保護について
品質環境の活動
2chデジタル調節計モジュール
 
取扱説明書
 
ICL-13A  

ICL_13A
多点制御システムとして多様な用途に対応 !
入力サンプリング 125msの高精度制御 !
各チャンネルの入力種類を個別選択可能 !
プログラム制御機能を装備 !
設定ソフトにブロック機能搭載 !
構成例
仕 様
端子配列
外形寸法図

生産終了
 



多点制御システムとして多様な用途に対応!
IDEC製CPUモジュール(FC5A)と組み合わせて多点制御システムとして多様な用途に対応。
上位との通信はModbus,イーサネットなど選択可能。
下記のような組み合わせが可能。

・チャンネル差分入力
・チャンネル加算入力
・加熱冷却制御出力仕様
・カスケード制御仕様
・外部設定入力仕様
・1入力2出力仕様
・伝送出力仕様
 
ページトップへ


入力サンプリング125msの高精度制御!
入力サンプリング 125ms。
温度制御はもちろん,それ以外のプロセス制御にも使用できます。
ページトップへ


各チャンネルの入力種類を個別選択可能!
各チャンネル個別に熱電対,測温抵抗体,直流電流,直流電圧の中から選択できます。
(例)CH1入力: 熱電対,CH2入力: 直流電圧
 
ページトップへ


プログラム制御機能を装備!
1パターン 10ステップのプログラム制御が可能です。  
ページトップへ

設定ソフトにブロック機能搭載!
設定ソフトにブロック機能を搭載しました。
各チャンネル毎の入力ブロック,制御ブロック,出力ブロックを自由に組み替えが可能です。
用途に合わせた組み合わせにより,色々な仕様にカスタマイズできます。

初期選択状態
ブロック機能 初期選択状態


入力1ブロック機能選択
チャンネル差分入力
[(入力1-入力2)]または[(入力2-入力1)]を[入力1ブロック]に取り込み,[制御1ブロック]に出力

チャンネル加算入力
[(入力1+入力2)]を[入力1ブロック]に取り込み,[制御1ブロック]に出力


入力1ブロック_チャンネル差分入力

入力2ブロック機能選択
チャンネル差分入力
[(入力1-入力2)]または[(入力2-入力1)]を[入力2ブロック]に取り込み,[制御2ブロック]に出力

チャンネル加算入力
[(入力1+入力2)]を[入力2ブロック]に取り込み,[制御2ブロック]に出力


入力2ブロック_チャンネル差分入力

制御1ブロック,制御2ブロック機能選択

加熱冷却制御出力仕様
[制御1ブロック]で加熱冷却制御演算を行い,[出力1ブロック]から[出力1(加熱)],[出力2(冷却)]に出力


加熱冷却制御出力仕様


外部設定入力(リモート)仕様
[入力2]側で外部入力を受け,[入力2ブロック]出力を[制御1ブロック]の設定値として制御演算を行い,[出力1ブロック]から[出力1]に出力


外部設定入力(リモート)仕様


カスケード制御仕様
CH2がマスター(1次調節計),CH1がスレーブ(2次調節計)となる。
マスター(1次調節計)の[制御2ブロック]で制御演算を行い,その出力をスレーブ(2次調節計)の[制御1ブロック]の設定値として制御演算を行い,[出力1ブロック]から[出力1]に出力



カスケード制御仕様

出力1ブロック機能選択

出力2出力仕様
[制御1ブロック]出力を[出力1ブロック]に取り込み,[出力2]に出力

出力2出力仕様


1入力2出力仕様

[制御1ブロック]出力を[出力1ブロック]に取り込み,[出力1],[出力2]に出力


1入力2出力仕様

出力2ブロック機能選択
伝送出力仕様
コンソールソフトまたはキー操作により,PV,SV,MVを選択し,[出力2ブロック]から[出力2]に出力


伝送出力仕様


この他,下記の機能があります。
・SV,PID他,各種設定値の読み取りおよび設定
・モニタ(PVおよび動作状態の読み取り)


 
ページトップへ

構成例
個別制御の接続構成例 別室の室内温度制御を行い,監視します。
個別制御の接続構成例
成形機の金型温調接続構成例 成形機の金型20点の温度制御を行います。
成形機の金型温調接続構成例
ページトップへ


仕様
形 名
ICL-13A- □□/ □□ , □  
出 力 RR     リレー接点出力
AA     無接点電圧出力(SSR駆動用),電流出力
入 力 MM   マルチ入力
オプション W ヒータ断線警報
定 格
定格目盛
熱電対 測定範囲 最下位
ビットの
入力値
K -200〜1370 -328〜2498 1()
K
(小数点付き)
-200.0〜400.0 -328.0〜752.0 0.1()
J -200〜1000 -320〜1832 1()
R 0〜1760 32〜3200 1()
S 0〜1760 32〜3200 1()
B 0〜1820 32〜3308 1()
E -200〜800 -328〜1472 1()
T -200.0〜400.0 -328.0〜752.0 0.1()
N -200〜1300 -328〜2372 1()
PL-U 0〜1390 32〜2534 1()
C(W/Re5-26) 0〜2315 32〜4199 1()
測温抵抗体 測定範囲 最下位
ビットの
入力値
Pt100
(小数点付き)
-200.0〜850.0 -328.0〜1562.0 0.1()
Pt100 -200〜850 -328〜1562 1()
JPt100
(小数点付き)
-200.0〜500.0 -328.0〜932.0 0.1()
JPt100 -200〜500 -328〜932 1()
電流/電圧 測定範囲 最下位
ビットの
入力値
4〜20mA DC -2000〜10000(12000階調)(*) 1.333A
0〜20mA DC -2000〜10000(12000階調)(*) 1.666A
0〜1V DC -2000〜10000(12000階調)(*) 0.083mA
0〜5V DC -2000〜10000(12000階調)(*) 0.416mA
1〜5V DC -2000〜10000(12000階調)(*) 0.333mA
0〜10V DC -2000〜10000(12000階調)(*) 0.833mA
(*): リニア変換可能
入 力
熱電対 K, J, R, S, B, E, T, N, PL-U, C(W/Re5-26)
外部抵抗 100以下
ただし、B入力の場合、外部抵抗 40以下
測温抵抗体 Pt100, JPt100 3導線式
許容導線抵抗(1線あたり) 10以下
センサ(検出)電流: 0.2A
電流入力 0〜20mA DC, 4〜20mA DC
入力インピーダンス 50
最大許容定常過負荷(非破壊) 50mA以下
電圧入力 0〜1V DC
入力インピーダンス 1MΩ以上
最大許容定常過負荷(非破壊) 5V DC以下
許容出力インピーダンス 2k以下
電圧入力 0〜5V DC, 1〜5V DC, 0〜10V DC
入力インピーダンス 100k以上
最大許容定常過負荷(非破壊) 15V DC以下
許容出力インピーダンス 100以下
電源電圧 24V DC(外部電源),5V DC(内部電源)
(内部電源は,CPUモジュールから供給します)
許容変動範囲 20.4〜28.8V DC(外部電源)
入力性能
最大誤差 25時の最大誤差
熱電対 フルスケールの0.2%以内または2(4)のどちらか大きい値
ただし、R, S入力0〜200(0〜400)は6(12)以内
B入力0〜300(0〜600)は精度保証範囲外
K, J, E, T, N入力0(32)未満はフルスケールの0.4%以内
測温抵抗体 フルスケールの0.1%以内または1(2)のどちらか大きい値
電圧,電流
入力
フルスケールの0.2%以内
入力精度 0〜55における入力精度
熱電対 フルスケールの0.7%以内
ただし、R, S入力0〜200(0〜400)は6(12)以内
B入力0〜300(0〜600)は精度保証範囲外
K, J, E, T, N入力0(32)未満はフルスケールの0.9%以内
測温抵抗体 フルスケールの0.6%以内
電圧,電流
入力
フルスケールの0.7%以内
データ精度 25時の最大誤差各入力レンジの最小分解能
冷接点
温度補償精度
0〜55において1以内
サンプリング周期 125ms
出力性能
制御動作

PID動作(オートチューニング機能付)
PI動作
PD動作(オートリセット機能付)
P動作(オートリセット機能付)
ON/OFF動作

比例項(P)

比例項選択が比例帯
入力レンジの単位が摂氏: 0〜10000
(小数点レンジの場合: 0.0〜1000.0)
入力レンジの単位が華氏: 0〜10000
(小数点レンジの場合: 0.0〜1000.0)
電圧/電流入力の場合: 0.0〜1000.0%
比例項選択が比例ゲイン: 0.00〜100.00%
(設定値を0,0.0または0.00にすると,ON/OFF動作
になります)

積分時間(I) 0〜10000秒
微分時間(D) 0〜10000秒
制御周期 1〜120秒
ARW 0〜100%
リセット 入力レンジの単位が摂氏: -100.0〜100.0
入力レンジの単位が華氏: -100.0〜100.0
電圧/電流入力の場合: -1000〜1000
出力ON/OFF
動作すきま

入力レンジの単位が摂氏: 0.1〜100.0
入力レンジの単位が華氏: 0.1〜100.0
電圧/電流入力の場合: 1〜1000

出力操作量
上限,下限
出力種別がリレー,電圧出力:
上限: 出力操作量下限値〜100%
下限: 0%〜出力操作量上限値
出力種別が電流出力
上限: 出力操作量下限値〜105%
下限: -5%〜出力操作量上限値
出力操作量
変化率
0〜100%/秒
制御出力
リレー出力 1a
(独立コモン)
定格負荷
: 5A 250V AC(抵抗負荷)
: 5A 30V DC(抵抗負荷)
: 3A 250V AC(誘導負荷 cos=0.4)
無接点電圧出力
(SSR駆動用)
12V DC15%
40mA Max
電流出力 4〜20mA DC

主な機能
警 報 目標値(SP)に対する偏差を設定します(絶対値警報は除く)。
測定値(PV)がその範囲を超えると,警報出力がONまたはOFF(上下限範囲
警報)します。
上限警報,下限警報,上下限警報,上下限範囲警報,絶対値上限警報,
絶対値下限警報,待機付上限警報,待機付下限警報,待機付上下限警
報または動作無しの中から一つを選択できます。
設定精度 入力精度と同じ
動 作 ON/OFF動作
動作すきま 0.1〜100.0()
電圧,電流入力の場合,1〜1000
出 力 状態フラグ
警報遅延時間 0〜10000秒
ループ異常警報 操作端異常(ヒータ断線,ヒータ溶着)を検知します。
ループ異常警
報時間設定
0〜200分
ループ異常警
報動作巾設定
0〜150()または0.0〜150.0()
電圧,電流入力の場合,0〜1500
出 力 状態フラグ
目標値(SP)
ランプ機能
目標値(SP)を変更したとき,変更前の目標値(SP)から変更後の目標値(SP)まで,設定された変化率(/分,/分)で制御します。
制御開始時は,その時点の測定値(PV)から目標値(SP)まで,設定された変化率(/分,/分)で制御します。
自動/手動モード
切替機能
設定により自動/手動モードの切り替えができます。
自動モードから手動モードに切替えた時または手動モードから自動モードに切替えた時,バランスレスバンプレス機能が働き出力操作量の急変を防ぎます。
電源投入時は,電源断時のモードになります。
カスケード制御
機能
1つのプロセスを制御するために,入力を2系統(CH1をマスター(1次側デジタル調節計モジュール),CH0をスレーブ(2次側デジタル調節計モジュール))として,より高度な制御を行います。
マスター(CH1)の目標値(SP)と測定値(PV)から求めた出力操作量(MV)を,スレーブ(CH0)の目標値(SP)として制御を行い,その制御結果を出力CH0から出力します。
加熱・冷却制御出力(CH0のみ使用可) 加熱・冷却制御は、制御対象の温度制御が加熱動作のみでは制御が難しい場合に冷却動作と組み合わせて行う制御です。
冷却側比例帯 加熱側比例帯の0.0〜10.0倍
(設定値を0.0にすると,ON/OFF動作になります)
積分時間(I) CH0の積分時間設定値と同じ
微分時間(D) CH0の微分時間設定値と同じ
冷却側
制御周期
1〜120秒
オーバーラップ
/デッドバンド
-200.0〜200.0()
電圧、電流入力の場合,-2000〜2000
冷却側
出力ON/OFF
動作すきま
0.1〜100.0()
電圧、電流入力の場合、1〜1000
冷却側
出力操作量
上限,下限
出力種別が電圧出力:
上限: 冷却出力操作量下限値〜100%
下限: 0%〜冷却出力操作量上限値
出力種別が電流出力:
上限: 冷却出力操作量下限値〜105%
下限: -5%〜冷却出力操作量上限値
冷却方式選択 空冷(リニア特性),油冷(1.5乗特性),水冷(2乗特性)
冷却側出力 CH1出力で設定
外部設定入力 入力CH1の入力値がCH0制御の目標値(SP)となります。
外部設定入力バイアス値が0でない場合,入力CH1の入力値に外部設定入力バイアス値を加算した値がCH0制御の目標値(SP)となります。
入力種別としては,外部設定入力選択で下表のDCレンジを選択します。
入力種別 直流電流: 4〜20mAまたは0〜20mA
直流電圧: 1〜5Vまたは0〜1V
許容入力 直流電流: DC 50mA以下
直流電圧(0〜1V): DC 5V以下
直流電圧(1〜5V): DC 10V以下
入力インピーダ
ンス
直流電流: 50
直流電圧: 100k
出力操作量
変化率機能
1秒間に変化する出力操作量を設定します。
プログラム制御
機能
プログラム制御は,時間の経過に伴って変化する目標値(SP)に測定値(PV)を追従させるように調節動作を行う制御です。目標値(SP)と時間はステップ毎に設定でき,最大10ステップ分の制御を連続して行います。
パターン,ステップ数 1パターン、10ステップのプログラムを行うことができます。
プログラムホールド機能 プログラム制御実行中,現在実行中のステップの進行を一時停止させる機能です。一時停止した時点の目標 値(SP)で定値制御を行います。
アドバンス機能 プログラム制御実行中,現在実行中のステップを中断し,次のステップの先頭に移行させる機能です。
逆アドバンス機能 プログラム制御実行中,現在実行中のステップの進行を逆戻りさせる機能です。
ウエイト機能 プログラム制御実行中,ステップ終了時に測定値(PV)と目標値(SP)の偏差がウエイト設定値内に入っていない場合,次のステップに進まず,測定値(PV)と目標値(SP)の偏差がウェイト設定値内に入るまで次のステップに移行しない機能です。
リピート機能 プログラム制御終了時,ステップ0からリピート回数分,プログラム制御を繰り返し実行する機能です。
PV補正 制御したい箇所にセンサを設置できない場合,センサが測定した温度と制御箇所の温度とが異なることがあります。
また,複数の2chデジタル調節計モジュールを用いて制御する場合,センサの精度あるいは負荷容量のばらつき等で同一の目標値(SP)でも測定温度が一致しないことがあります。
このような時にセンサが測定した温度を補正して,2chデジタル調節計モジュールの測定値(PV)を希望する温度に合わせることができます。
PV補正後の測定値(PV)は,制御範囲内で有効です。
PV補正後の測定値(PV)は下記の計算式より算出できます。
PV補正後の測定値(PV) = 測定値(PV) + (PV補正の設定値)
補正範囲 -100.0〜100.0()
電圧,電流入力の場合,-1000〜1000
PVフィルタ時定数 測定値(PV)の一時遅れ演算を行い,測定値(PV)の変動が激しいプロセス(圧力,流量等)の測定値(PV)を安定させる機能です。
ヒータ断線警報
(オプション: W)
ヒータ電流をカレントトランス(CT)(別売品)で監視し,ヒータ断線を検出します。
出力種別が電流出力の場合,ヒータ断線警報は無効となります。
定 格 50A
設定範囲 0.0〜50.0A(0.0を設定すると動作しません)
設定精度 定格値の5%
出 力 状態フラグ
絶縁,耐電圧
回路絶縁構成 ICL-13A 回路絶縁構成
*1: 無接点電圧出力,電流出力時,非絶縁

絶縁抵抗 500V DC 10M以上
耐電圧
ICL-13A-RR/MM FG - 外部電源 548V AC 1分間 5mA
入力端子 - 外部電源間 548V AC 1分間 5mA
入力端子 - 内部電源間 548V AC 1分間 5mA
出力端子 - 外部電源間 2500V AC 1分間 5mA
出力端子 - 内部電源間 2500V AC 1分間 5mA
外部電源 - 内部電源間 548V AC 1分間 5mA
入力端子 - 出力端子間 548V AC 1分間 5mA
ICL-13A-AA/MM FG - 外部電源 548V AC 1分間 5mA
入/出力端子 - 外部電源間 548V AC 1分間 5mA
入/出力端子 - 内部電源間 548V AC 1分間 5mA
外部電源 - 内部電源間 548V AC 1分間 5mA
入力端子 - 出力端子間 548V AC 1分間 5mA


その他
消費電力 3.5W以下
モジュール内部
消費電流
65mA(5V DC),0mA(24V DC)
周囲温度 最大周囲温度 55
周囲湿度 10〜95%RH(ただし,結露しないこと)
質 量 約 140g
環境仕様 RoHS指令対応
推奨ケーブル ツイストペアケーブル

ページトップへ

端子配列
 
ICL-13A 端子配列

ページトップへ

外形寸法図 (mm)
  ICL-13A 外形寸法図

: フック引き出し時の寸法は,8.5mmになります。
ページトップへ


CEマーキング適合品/UL取得製品 │ 生産終了製品 │ 制御用語辞典
ご承諾事項 │ ご利用条件 │ 個人情報保護について │ 品質環境の活動 
Copyright (C) 2003-2020 Shinko Technos Co., Ltd. All rights reserved.