Shinko 神港テクノス株式会社
取扱製品 サポート・ダウンロード 会社概要 通信販売 お問い合わせ
English
温度制御関連・周辺機器 信号変換器 水質管理製品 総合環境制御システム
指示調節計・温度調節計・プログラムコントローラ デジタル指示計・デジタルメータリレー 通信変換器 記録計 携帯形指示計 センサ・検出端 SSR・電力調整器
HOME
ダウンロード
モジュール形調節計
QX1シリーズ
カタログ
制御モジュール
QTC1
QTC1-2スペックシート
QTC1-2取扱説明書
QTC1-4スペックシート
QTC1-4取扱説明書
設置・配線取扱説明書
コンソールソフト
通信拡張モジュール
QMC1
スペックシート
取扱説明書
設置・配線取扱説明書
コンソールソフト

モジュール形調節計 (温度調節計/多点調節計)

 
QX1シリーズ  

MAX1024点の計測・制御・監視


QX1シリーズ
主な特長
MAX 1024点を計測・制御
PLCプログラムレス接続で工数削減に貢献(SIF機能)
アナログモジュールとして使用。
 イニシャルコスト削減+省配線に貢献

故障予知保全
ピーク電力抑制機能で電力設備コスト削減
成果物品質向上に貢献
作業者の手間を軽減する5つの制御方式搭載
メンテナンス性の向上
その他の機能

制御モジュール(2ch) QTC1-2 
 制御モジュール(4ch) QTC1-4

・形 名
・仕 様
・外形寸法図


通信拡張モジュール QMC1 
・形 名
・仕 様
・外形寸法図

 

構成機器
制御モジュール(2ch)QTC1-2
 
制御モジュール(4ch)QTC1-4
 
通信拡張モジュールQMC1
制御モジュール(2ch)
QTC1-2
 
 
制御モジュール(4ch)
QTC1-4
 
通信拡張モジュール
QMC1
 


MAX 1024点を計測・制御

2台分または4台分の調節計機能を持つ制御モジュールは、単独・連結いずれでも使用することが可能です。
上位との組合せで大規模〜小規模の多様なシステム構築において柔軟に対応することができます。


連 結

モジュールを連結し,MAX 1024点の計測・制御・監視が可能です。
QX1シリーズ システム構成例


単 独
単独で制御・上位との通信が可能。監視対象の追加が容易です。
モジュール単独で独立制御
ページトップへ


PLCプログラムレス接続で工数削減に貢献(SIF機能)

SIF機能(Smart InterFace, PLCプログラムレス通信機能)を用いることにより,各社PLCと直接接続することができます。

通信拡張モジュールQMC1のSIF機能


制御モジュールQTC1のSIF機能

メーカー レジスタ 通信コマンド
三菱電機株式会社製(※) Dレジスタ QR/QW
三菱電機株式会社製 Rレジスタ QR/QW
三菱電機株式会社製 Dレジスタ WR/WW
三菱電機株式会社製 Rレジスタ WR/WW
オムロン株式会社製 DMレジスタ FINSコマンド
株式会社キーエンス製 DMレジスタ RDS/WRS

制御モジュールQTC1のSIF機能は,三菱電機株式会社製PLC Dレジスタ,QR/QW専用です。




コンソールソフトで設定変更が容易にでき,複数モジュールを一括管理できます。(対応OS: Windows 10)

コンソールソフトによる,SIF機能の設定


弊社Cシリーズからの置き換え時は,通信拡張モジュールQMC1とQTC1を組み合わせてご使用ください。

CシリーズからQX1シリーズへの置き換え
ページトップへ


アナログモジュールとして使用。イニシャルコスト削減+省配線に貢献

QX1シリーズをアナログモジュールとして使用することにより,イニシャルコストを削減と省配線に貢献します。

アナログモジュール使用例

ページトップへ


故障予知保全

故障予知保全として
以下の計測機能により使用状態の把握ができます。
@ ヒータの積算通電時間(QTC1)
A モジュール本体の積算通電時間(QMC1, QTC1)
B リレーの接点開閉積算回数(QTC1)

異常発生時、異常番号と通電時間を過去10回分保存します。(異常履歴:コンソールソフトで確認できます)(QTC1)
コンソールソフト 異常履歴画面

入力差検知機能で,チャンネル間の入力差を監視することができます。(QTC1)


万一のときのリスク回避として
出力選択機能にて,出力の切り替えができます。(QTC1)
(例) CH1出力故障時,CH2出力へ切り替え

ヒータの断線を検知し,信号を出力します。(QTC1)
[ヒータ断線警報(オプション) 単相・三相(三相はQTC1-2のみ)]

警報出力信号を出力したり,制御を開始/停止したりすることができます。(QMC1, QTC1)
[イベント入出力(オプション)]

ページトップへ



ピーク電力抑制機能で電力設備コスト削減

ピーク電力抑制機能
モジュール内の総電流を設定することができ,各チャンネルに設定された電流値の合計が総電流以下の値で
電力抑制の制御を行うことができます。電力設備の投資削減に貢献します。

ピーク電力抑制機能時の出力タイミング例

ピーク電力抑制機能時の出力タイミング例

ページトップへ



成果物品質向上に貢献

複数ゾーンを連携(オートバランス制御)
1つの制御対象(1グループ)の複数制御箇所(ゾーン)を連携させて均一に制御します。
部分焼けや機械的歪みなどを抑制し,成果物品質への影響を軽減します。

オートバランス制御 ゾーン割り当てオートバランス制御

出力量を個別設定(出力ゲイン・バイアス制御)
入力1点に対して複数箇所(ゾーン)のヒータ制御を行う場合などで,予め出力量の分布が分かっている場合に複数ゾーンの均一制御を行うことができます。
出力選択機能を組み合わせることで,入力端の数が少なくなるためイニシャルコスト削減にも貢献します。

出力ゲイン・バイアス制御
ページトップへ



作業者の手間を軽減する5つの制御方式搭載

制御対象ごとにどのように制御したいかは異なります。本機は5つの制御方式を搭載し、様々なご要望に対応します。
2自由度PID制御
目標値追従と外乱応答性能に加え,オーバシュートを軽減したバランスのよい制御方式です。
(デフォルト制御動作)

2自由度PID制御



Fast-PID制御
目標値追従性を重視した制御方式です。弊社調節計からの置き換え時は,この制御方式がスムーズです。
(従来よりも性能は向上しています)

Fast-PID制御


Slow-PID制御
目標値到達時間よりもオーバシュートを抑えることを優先させた制御方式です。

Slow-PID制御


Gap-PID制御
流量やバルブのような応答が速い場合に効果的な制御方式です。
(ギャップ内に偏差特性を持たせます)

Gap-PID制御


ON-OFF制御
ヒータなどON, OFF動作を行う操作端に対して選択する制御方式です。

ON-OFF制御
ページトップへ


メンテナンス性の向上

多数のLEDで状態やエラーなどを現場で視認できます。 LED表示部
コンソールソフトで設定変更が容易にでき、
複数モジュールを一括管理できます。
(対応OS: Windows 10)
プラグイン形なので交換・入れ替えが容易です。
コンソールソフトによる仕様設定
接続ケーブルは市販ケーブル(microUSB・タイプB)を使用できます。
ページトップへ


その他の機能

加熱冷却制御 CH1を加熱側入力,CH2を冷却側入力として,加熱冷却制御を行います。
(QTC1-4は最大2ループできます)
カスケード制御 CH1のSVとPVから求めたCH1の操作量を,CH2のSVに代入し,CH2制御演算を行い出力します。
(QTC1-4は最大2ループできます)
ヒータ断線警報(オプション) ヒータの断線を検知し,出力します。
CT,ヒータ断線警報用コネクタハーネスWQは別売となります。
イベント入出力(オプション) イベント入力(4点)またはイベント出力(4点)を付加できます。
イベント入出力用コネクタハーネスEVQは別売となります。
入力差検知 チャンネル2点の入力差を検知し,その差が設定値を超えた場合にフラグを立てます。
ページトップへ



制御モジュール  QTC1

形 名
QTC1 形名表
(*1):

QTC1-2の場合,CH3およびCH4はありません。

(*2): CTおよびヒータ断線警報用コネクタハーネスは別売品となります。
(*3): QTC1-2の場合,単相/三相仕様となります。
(*4): イベント入出力用コネクタハーネスは別売品となります。
(*5): QTC1-2の場合,イベント入出力(2点)となります。

入力コード/出力コード
QTC1 入力コード・出力コード
ページトップへ


仕 様
仕様概要
基準精度 周囲温度23℃、取り付け角度±5度において
熱電対入力 各入力スパンの0.2%以内
ただし、0(32)未満は各入力スパンの0.4%以内
R,S入力0〜200(32〜392)は6(12)以内
B入力0〜300(32〜572)は,精度保証範囲外
測温抵抗体 各入力スパンの0.1%以内
電流/電圧入力 各入力スパンの0.2%以内
入力サンプリング周期 20ms(電流/電圧入力のみ有効)
50ms(電流/電圧入力のみ有効)
125ms
※熱電対入力,測温抵抗体入力の場合,設定にかかわらず125 ms固定
通信仕様
通信回線 EIA RS-485準拠
通信方式 半二重通信
同期方式 調歩同期式
通信速度 9600, 19200, 38400, 57600 bps
通信プロトコル MODBUS RTU
ページトップへ


外形寸法 (単位: mm)
QTC1-2, QTC1-4

QTC1 外形寸法図
ページトップへ



通信拡張モジュール QMC1

形 名
QMC1 形名表
(*1): SIF機能(Smart InterFace,プログラムレス通信機能)を用いてオムロン株式会社製PLCと
接続する場合,通信方式RS-485(QMC1-C5x)では接続できません。
通信方式RS-422A(QMC1-C4x)のみ接続できます。
(*2): イベント入出力用コネクタのプラグ側コネクタは別売品となります。
※通信プロトコルはディップスイッチで簡単に変更できます。専用ソフトは必要ありません。
ページトップへ


仕 様
通信回線 EIA RS-422A準拠
EIA RS-485準拠
通信方式 半二重通信
同期方式 調歩同期式
通信速度 9600, 19200, 38400, 57600 bps
通信プロトコル
通信プロトコル レジスタ 通信コマンド
MODBUS - -
三菱電機株式会社製 Dレジスタ QR/QW
三菱電機株式会社製 Rレジスタ QR/QW
三菱電機株式会社製 Dレジスタ WR/WW
三菱電機株式会社製 Rレジスタ WR/WW
オムロン株式会社製 DMレジスタ FINSコマンド
株式会社キーエンス製 DMレジスタ RDS/WRS

Cシリーズ互換プロトコルは,形名で選択される
接続台数 制御モジュール 最大16台
電源電圧 24 V DC 許容変動範囲 20〜28 V DC
ページトップへ


外形寸法 (単位: mm)
QMC1

QMC1 外形寸法図
ページトップへ





CEマーキング適合品/UL取得製品 │ 生産終了製品 │ 制御用語辞典
ご承諾事項 │ ご利用条件 │ 個人情報保護について │ 品質環境の活動 
Copyright (C) 2003-2021 Shinko Technos Co., Ltd. All rights reserved.